マンションのリフォーム

古いマンションでも、思い切った改装で
住みやすい家を作ることができます。

 

構造によっては、大きな間取り変更や床の高さの変更をすることもできます。

改装できる範囲

マンションの規約によって、改装できる範囲はさまざまです。

 

また、基本的に改装できるのは、個人の専有部分のみで、
共通部分や専用使用部分については改装することができません。

共有部分とは

マンションの共有部分とは、マンションの箱の部分であるコンクリートで作られた
壁や床、天井、柱などのマンションを支える構造部分や、
共同で使用するエレベーターなどです。

専有部分とは

専有部分とは、玄関の内側からサッシの内側の住宅部分の事をいいます。

 

コンクリートの壁、床、天井、柱の内側に組まれた壁組、
天井組は専有部分になるので、改装が可能です。

 

つまり、マンションの場合、家の中は殆ど階層できます。

 

家の中の木製の間仕切り壁は自由に動かしたり、
取ったりすることができるので、
思い切った間取りの変更をすることも可能です。

 

ただ、家の中に合ってもコンクリートの壁は構造体なので
いじることができませんし、
排水管などを収めているパイプスペースの移動もできません。

専用使用部分とは

専用使用部分とは、そこにすんでいる居住者が、
普段専用に使用している共有部分の事です。

 

ベランダ、玄関、ドア、サッシと、それに伴う付属品などが含まれます。

 

メンテナンスで網戸を張り替えたり、
ガラスが割れた場合の交換、鍵の交換は、
殆どのマンションで、持ち主が行なうことになっています。

 

ガラスの色を変えたり、サッシ自体の交換はできません。

 

防音や断熱のために、ガラスを変えたいときは、
今のサッシの内側に、
もう一組サッシを取り付け、二重にします。

マンションこそ自由な間取りができる

マンションは一戸建てとは異なり、
増築ができません。

 

限られた面積の中で、どれだけ効果的なプランを立て、
リフォームできるかが改装のポイントになります。

 

マンションだから制約が多いと考えず、
コンクリート壁の内側は自由にレイアウトできると考えると、
発想が広がります。

 

マンションは、それぞれのライフスタイルやライフサイクルにあわせ、
自由に間取りを変えながら住むことができる、
言ってみれば一戸建てよりも自由度が高い空間であるといえます。

 

マンションの管理規約

マンションでは、そのマンションごとに決められた細かい管理規約があり、
その規約を住民が守り、暮らしています。

 

そして、リフォームに関しての規約も定められている場合が多いです。

 

たとえば、「工事の際には、理事会へ図面と工事内容の詳細を提出し、
承認を受けること。」や、「住んでいる家の上下左右斜めの家から、
リフォーム承認の印を貰う。」、「工事中には、マンションの掲示板に
工事のお知らせを掲示する。」などが決められていたり、
工事そのものの内容に関しても、
「工事時間や搬入経路、床の防音の基準、水回り工事の施工基準など」が、
定められている場合も少なくありません。

 

リフォーム前には、必ず管理規約を熟読し、
それを守って行なわなければなりません。

 

管理規約に不満がある場合は、規約の変更を理事会に申し立て、
総会の決議で認められれば、変更されます。

 

マンションでは、このように規約がある場合が多いですが、
リフォームに関しても規約がないからといって、
どのようにでも、好きなように、勝手にやってよいというものではありません。

 

たとえば、床の防音値について定められていなかったとしても、
防音の性能のある床にするのは当然ですし、
水漏れの可能性があるような工事はしないこと、
あまりにも酷い音を出す工事は避けること、
工事前には近隣に挨拶に行く事、
工事時間を配慮し、休日は行なわないようにするなど、
ご近所に気を配るようにしましょう。

マンションのリフォームにおける結露の問題

マンション建設の際、住宅金融公庫では、
結露防止や断熱のため、
北面、東面、西面の外壁に面する壁に
断熱材を入れるように義務付けていました。

 

ですが、そのような断熱措置をしても、
マンションはどうしても結露しやすく、
壁クロスをめくるとカビで真っ黒になっているということが
よくあります。

 

リフォームの際、壁を解体し、断熱材を取除いてしまうような工事を行なうと、
当然、結露は酷くなってしまいます。

 

リフォームの際には、現在の工法よりも
断熱効果が劣らないような方法にすることが必要です。

 

結露によるカビの発生は、家の耐久性にも関わってきます。

 

結露が起こりにくい構造を考えていくことが必要です。

マンションは自由にレイアウトできる

マンションは、コンクリート壁の内側であれば、
自由にレイアウトできます。

 

たとえば、間仕切り壁の変わりに収納家具を間仕切りとしたり、
風の通り抜けに不満がある場合は、
間仕切り壁に通風のための窓を開ける事もできます。

 

一戸がコンクリート壁に包まれた大きな四角い空間で作られた構造のマンションであれば、
中にある間仕切りを全て撤去して、大きなワンルームにすることもできるのです。

 

自分のライフスタイルやライフサイクルにあわせ、
子供達の成長などに合わせた間取りに、
自由にレイアウトして住むことができます。

 

ただし、壁式構造というマンションで、
中の間仕切り壁がコンクリートでできているマンションでは、
間仕切り壁の工事はできません。