収納スペース

リフォームをするとき、
家の中に溢れたものを収納するためのすいペースが欲しいという要望が多いです。

 

家の中が片付かないのは、もともと片づけが苦手ということもあるのですが、
収納スペースが足りないという場合が多いのも事実です。

見せる収納と隠す収納

収納には、効率的な収納方法があります。
ただ、スペースを大きくとって、
とにかくその中に詰め込めば片付くというものではありません。

 

・見せる収納

 

見せる収納とは、キッチン等でよく見かけるオシャレなカゴや瓶に
調味料などを入れて並べる方法です。

 

見せる収納には、テクニックが必要で、
素材を統一したり、色を統一したり、
高さや大きさ、奥行きを統一することが必要になってきます。

 

ごちゃごちゃな印象を与えないように、
統一感をもたせ、バランスよく配置しなければなりません。

 

・隠す収納

 

隠す収納とは、壁面収納などのように、
扉を作り、中に物を納めてしまう方法です。

 

見せる収納と隠す収納をバランスよく取り入れてみましょう。

収納の基本

収納の基本は、「使う部屋に収める」という子とです。

 

ですから、収める部屋を見渡し、
収納スペースがないかどうかを確認してみましょう。

空きスペーすを探す

物が溢れてきたので、増築したい!
と考える人も多いのですが、増築しなくても、
家の中を見渡せば、色々なところに空きスペースがあるものです。

 

増築を考える前に、
家の中のリフォームで、収納場所をつくることができるかどうか検討してみましょう。

収納の効率を上げる

・壁面を利用

 

家具を置くよりも、壁面に収納スペースを作りつけると
収納力は大きく、部屋もすっきり使うことができます。

 

(洋服)

 

どんどん増える洋服は、ウォークインクローゼットという洋服だけの
小さな部屋を作ってみてはいかがでしょうか。

 

とはいっても、中を歩くスペースが必要ですから、
洋服だけを収納したい場合は、面積の割りにたくさん入りません。

 

壁面を一面空け、大工さんに棚を作ってもらい、
ステンレスの洋服吊り用パイプを付けると壁面収納ができます。

 

(本)

 

本は横幅が小さいものも多く、文庫本は棚の奥行きが10センチもあれば十分に収納ができます。

 

壁の中に、中空の部分があると、その部分を利用し、埋め込み収納を作ることもできます。

 

廊下や階段など、あらゆる場所に本棚を作ることができますよ。