バリアフリー住宅をつくるには

最近は、バリアフリーという言葉をよく耳にするようになりました。

 

バリアフリーとは、「障害のない家」と言う意味で、
住宅メーカーなどで、「バリアフリー仕様」と呼ばれる家は、
車いすや松葉杖などでも自由に動き回ることができるように設計されています。

 

実際に、家の中を車いすで移動しようと思うと、
一般的な普通の家ではかなり不便です。

 

段差もありますし、車いすでは狭くて自由に行動ができません。

 

将来の生活、つまり老後の生活の事までを考え、
計画を立ててリフォームすることが必要になってくるでしょう。

バリアフリーは援助がある

バリアフリー工事は、条件をクリアすると、
介護保険や市区町村の助成金などから援助を受けることができます。

 

適用される工事の条件は、
その有志の種類によってさまざまで、それぞれに基準が設けられています。

 

住む人の健康状態によって融資額が違ったり、
適用される部位にのみ融資が認められるというものなどがあります。

 

融資制度は、全国共通のものもありますし、
各都道府県や市区町村によって異なるものもありますから、
自分が住んでいる地域の行政機関に問い合わせをしてみましょう。

 

融資のためには書類が必要です。

 

必要書類には、医師の診断書、工事前後の写真、
設計図書等などが含まれる場合もありますから、
工事着手前に確認し、不備のないようにそろえるようにしましょう。

 

また、必要書類を準備するためには、
その書類を書いてもらうのに費用がかかるものもあります。

バリアフリーの下準備とは

バリアフリーをするのであれば、タイミングを図る事が必要です。

 

そして、リフォーム工事は、今住んでいる人に精神的にも肉体的にも負担がかかります。

 

バリアフリーに限らず、ある程度大きなリフォームを考えるのであれば、
意欲があるうちに、先々を考えて、早めに薦める事をおススメします。

 

たとえば、「将来に備えて、手すりを付けておきましょう」
というように、業者から提案される事があります。

 

ですが、今、手すりが不要であるなら、今手すりを付けても、
それが全く無駄になるということがあります。

 

今、右利きであったとしても、将来、どちらの腕の握力が強いかによって
手すりの位置も変ってきますし、
お風呂も自力ではいるのか、介護を利用して入るのか、
入浴サービスを利用するのかによってリフォームの仕方も変ってくるのです。

 

時間の経過と共に、状況は大きく変りますから、
今不要なのに、将来のために・・・と付けてしまうのは考え物です。

 

また、浴室リフトを付けてお風呂に入れるように・・・と思っても、
リフトは介護する側の負担が大きく、取り付けたとしても
実際には使われないということも少なくありません。

 

家は、家族みんなのものです。

 

そして、共同生活の場です。

 

ですから、家族みんなが、暮らしやすいように、
家全体、家族全体のことを考えたトータルプランにすることが必要です。

 

今のところ、すぐにバリアフリーの必要はないけれど、
将来のために備えるのであれば、
そのときになって困らないように、
単純に手すりを手当たり次第つけたりするのではなく、
色々なパターンを想定し、下準備をしておくことが必要です。

 

下準備とは、手すりを付ける可能性がある壁に、
前もって下地を入れておく、
床の段差は今のうちの取除いておく、
出入り口の幅を広く取るなどです。

 

また、行政や福祉サービスの協力を得ながら、
介護を考えることも必要です。

バリアフリー工事のいろいろ

色々な設備機器のメーカーから、
バリアフリー対応商品として色々なものが販売されています。

 

たとえば、水回りようの手すり、段差解消用昇降リフト、
階段昇降リフト、高さが自由に調節できる洗面化粧台、
座ったままで調理ができるようなキッチン、
段差のないユニットバスなどがあります。

 

バリアフリーをリフォームで行なう場合は、
敷居の段差を解消する小さな工事から、
家の廊下を広げたり、昇降機のようなバリアフリー商品を付けたいする
大掛かりな工事まであります。

小さなバリアフリー工事の例

簡単にリフォームできる小さなバリアフリー工事の例を挙げてみます。

 

・ドアの下枠や敷居のでっぱり

 

ドアの下枠や敷居のでっぱりは、思ったよりも危険です。

 

小さな段差はつまづきやすいですし、
車イスでの移動のときに邪魔になります。

 

そこで、段差の両側に三角形の断面をした段差解消用パッキンを取り付けます。

 

最近は、簡単に取り付けができるゴム製の商品も登場しています。

 

・ドアの取っ手

 

握力がなくなってくると、ドアの取っ手が握り玉だと
まわせなくなってしまいます。
レバーハンドルに代えておくと開け閉めが便利です。

 

水栓金具もレバー式にすると便利です。

 

・室内のドア

 

室内のドアは、車いすでは開き戸が不便です。

 

開口幅の広い引戸に変えると便利です。

 

近年は、3枚引戸で、2枚分開くタイプがあり、そちらがおススメです。

 

・浴室の床

 

浴室は通常、洗面所の床よりも15センチほど下がっています。

 

段差のないユニットバスもありますが、
工事を行なわない場合は、すのこを使用し、簡単に段差の解消ができます。

 

洗い場の大きさに合わせて製作し、
掃除しやすいように、いくつかに分割しておきましょう。

 

・手すり

 

手すりは、一瞬に全体重がかかります。

 

ですから、取り付けには補強が必要です、

 

壁の中に下地板が入っている部分には簡単に取り付けることができますが、
入っていない場合は、壁の補強工事が必要です。

 

この場合、手すりを付ける費用そのものよりも、
壁の補強工事に費用がかさむことがあります。