うまくいく二世帯住宅とは

親の家をリフォームし、
親世代と子世代の二世帯住宅にするという家庭が増えています。

 

ですが、同じ家に二世帯が一緒に住むと、
親子であってもそれぞれ生活パターンや考えが違います。

 

住まいについてよく考えないと、
毎日、角をつき合わせるようになってしまいます。

 

ですから、世帯をどのように分離するかについて
よく考える必要があります。

 

世帯をどのように分離するかによって、
建物の使い方も変わってきますから、よく考えましょう。

建物の分割方法

(1) 縦割り

 

「縦割り」とは、その名の通り、建物を縦割りし、
それぞれの世帯が分かれて住む方法です。

 

一戸建てを二つ並べて建てるような感じになるので、
世帯の完全分離がしやすく、
寝室などのプライベートルームも離して作ることができるので、
プライバシーも守りやすいです。

 

ですが、縦割りをするためには、
ある程度広い面積が必要になるため、
敷地に余裕が必要です。

 

狭い土地に無理やり縦割りのプランを立てると、
それぞれの家がとても狭くなり、
使いにくくなるでしょう。

 

さらに、リフォームで縦割りプランにすると建築費がかさみますし、
親世帯の場合は、将来2階への昇降の対策が必要になってくるでしょう。

 

(2) 横割り

 

横割りとは、建物を横割りして、
1階・2階にそれぞれの世帯が分かれて住むものです。

 

縦割りプランに比べると改装しやすく、
建築費が比較的安く抑えられます。

 

ただし、上下階の音や振動の問題が発生する可能性があります。

 

玄関を別にする場合は、
階段を屋外に設置するのか、屋内に設置するのかなど、
細かいプランの調整が必要になってくるでしょう。

 

地域の建築条例によっては、
玄関を二つ作ることができない規制がある場合もあります。

 

(3) 混合パターン

 

混合パターンは、
それぞれの世帯が一緒に使う共有スペースを設けるものです。

 

たとえば、水周りや居間などを共有スペースとします。

 

共有スペースが多いほど、
面積が狭くてもゆったりとしたプランにすることができますし、
建築費も安く抑えることができます。

 

また、親世帯、子世帯が一家族として交流を図ることもできます。

 

しかし、親世帯と子世帯の生活パターンはそれぞれに違います。

 

世帯同士のトラブルが発生することも多く、
プライバシーが守りにくく、
お互いが我慢をして暮らす必要も出てきます。

 

混合パターンにするときは、共有する部分、分離する部分を
事前に細かく、お互いが納得するまで打ち合わせることが必要です。

住環境の分け方

二世帯住宅をするとき、親世帯と子世帯で、
住環境をどう分けるかについて考える必要があります。

 

(1) 完全分離

 

完全分離タイプは、親世帯・子世帯の生活スタイルをお互いに
最も尊重することができる分離タイプです。

 

マンションや一戸建てを並べて建てるように、
共有スペースを全くつくらず、
完全に別世帯を2軒たてるようなプランです。

 

建物は、縦割りでも横割りでも可能ですが、
敷地に余裕がある場合は、
縦割りのほうがプライバシーを尊重しやすいです。

 

(2) 一部共有

 

一部共有タイプは、親世帯、子世帯で、
一部を共有スペースとして設けるタイプです。

 

水回り、玄関、リビングを共有するタイプが多いです。

 

建物の分離の仕方は縦割りプランでも横割りプランでも可能です。

 

ですが、食事の時間が違ったり、
お風呂に入る時間帯が違う、就寝時間が違うなど、
生活時間や生活パターンのズレがあると、
お互いが我慢をしなければいけないこともでてきます。

 

また、共有スペースの掃除やメンテナンス等の管理は
どちらの世帯が行なうのか、
光熱費はどうするかなどの細かい打ち合わせを行なっておく事も必要です。

 

(3) 完全共有

 

完全共有タイプは、プライベートルーム以外を全て共有し、
親世帯、子世帯が一家族として暮らすタイプです。

 

建築費も安く、既存の家に少し手を加えるだけで
二世帯住宅にできるのですが、
トラブルのタネを多く含んでいます。

 

個人の寝室以外にも、
世帯それぞれのプライバシーが守られるようなスペースがあると良いでしょう。

 

二世帯住宅が失敗する理由

二世帯住宅は、打ち合わせ方法が失敗すると言う理由で失敗することが多いようです。

 

家族とはいえ、みんなが揃った打ち合わせの場で
自分の気持ちをはっきり言うのは難しく、
ウマく話し合いが出来ないことが多いのです。

 

居間までの生活スタイルや生活時間の違いによって
トラブルは起こりますし、
いつも窮屈な思いをしたり、同居家族の存在が負担になるような
精神的な部分でのストレスを強く感じるようなプランだと
一緒に暮らしていく中で、不満がどんどんたまってしまいます。

 

ですから、全員での打ち合わせの前に、
まず、一人ひとり別々に、
自分の生活パターンや希望を第三者であるリフォーム担当者に伝えると良いと思います。

 

リフォーム担当者は、みんなの意見を取りまとめ、
より良いプランを提案してくれるでしょう。