泥棒に狙われにくくするためのリフォーム

泥棒に狙われにくくするために、リフォームする人もいます。

 

実際、空き巣に入られてしまい、
その後のガラス窓の修理や鍵の交換などの工事件数も増えています。

 

ですから、リフォームを考えるときには、
防犯に関しても見据えた上で、考えるようにしましょう。

玄関の鍵

泥棒と鍵のプロは、絶対開けることができない鍵はない!といいます。

 

ですが、鍵が開くまでの時間は、鍵の種類によって異なります。

 

つまり、泥棒は、時間がかかる鍵を嫌がります。

 

空き巣の手口に、針金状の2本の工具を使って鍵を開ける
ピッキングと言う方法がありますが、
このピッキングがされにくい鍵を付けることが泥棒に入られなくするための
大きなポイントになります。

 

たとえば、玄関の鍵は電子鍵に変えたり、
鍵を2つ付けるという方法もあります。

 

マンションのオートロックシステムは全く充てになりません。

サッシ

泥棒は、窓ガラスを割ってそこから手を入れて鍵を開けるという手口も用います。

 

泥棒がもっとも多く入るサッシはリビングのサッシですが、
和室の地窓やトイレ、洗面所、浴室の窓、高窓など
ありとあらゆる窓から入ってきます。

 

マンションでも、3階くらいまでなら、
外から簡単に侵入できるそうですから、
防犯対策をする用にしましょう。

 

引き違いサッシは真ん中に回して施錠する
クレセント錠が取り付けられていることが多いですが、
普通ガラスであれば、数秒できることができてしまいます。

 

サッシからの泥棒の侵入を防ぐためには、
捕助錠を付けたり、ガスを切りにくいものに変えたり、
面格子などを付けるという方法があります。

 

ガラスは、防犯ガラスと呼ばれる2枚のガラスの間に
特殊フィルムを挟んだものに取り替えると良いでしょう。

 

リビング等の大きなサッシは
面格子を取り付けることができないため、
防犯ガラスに交換しましょう。

 

ルーバーサッシや出窓もそのままでは防犯性が低いため、
面格子を取り付けると防犯性が高くなります。